新生児おむつの種類とサイズ、特徴を紹介

スポンサーリンク



こんにちは、チキン(妻)です。

新生児の紙おむつについて
本、ネット、ブログ…時間を見つけてはたくさん調べていたので紹介します。

チキンドン家では新生児のおむつは
パンパース、ムーニー、グーン
の3種類を使いました。

新生児のおむつの種類を紹介

新生児紙おむつは1パック1200〜1700円、80〜110枚入り。これが1週間ほどでなくなるので出費はかさみます。

大きさは、パンパース < ムーニー < グーンです。頻繁なおむつ交換が落ち着くSサイズ以降、チキンドン家ではおむつを交換する時間が長くなる夜はサイズが大きいグーンを使い、昼間はパンパース、ムーニーを使い分けていました。

・P&G パンパース さらさらケア

産院使用率No.1、最長12時間、弱酸性、やわらかな肌触り、通気性よくムレを防ぐ。しまじろうデザイン。

娘の産院では布おむつでしたが、産院使用率No. 1とのことで使いました。退院からすぐ使い始めたので、布おむつと比べると、ちょっとゴワゴワ・ガサガサが気になりましたが、オムツかぶれにはなりませんでした。

スポンサーリンク

created by Rinker
パンパース
¥1,580 (2021/08/04 07:05:28時点 Amazon調べ-詳細)

・ユニ・チャーム ムーニー

最長12時間、しめつけずに体にフィット、おへそカット、すきまモレ防ぐ、全面通気シート、しなやかテープ。プーさんデザイン。

プーさんがかわいいデザインです。とてもやわらかく優しい肌触りなのでお気に入りでした。

スポンサーリンク

created by Rinker
ムーニー
¥2,680 (2021/08/04 07:05:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

・花王 メリーズ

売上No.1、凹凸で肌にはりつかない、通気性よい、脚まわりに漏れ防止ギャザー。うさぎデザイン。

こちらはサンプルのみの使用ですが、やわらかかったです。ただ、色々なサイトや店で探しましたが、他のおむつより高かったので購入には至らず。

 

・エリエール グーン

通気シート、ビタミンE配合、消臭機能付き吸収体。NHKのいないいないばあっ!のワンワンとうーたんデザイン。

消臭機能付きとのことですが、新生児の頃は頻繁におむつ替えをしていたせいもあり、他のおむつと比べて特に気になりませんでした。こちらもすこしガサガサが気になりました。

スポンサーリンク

 

大きさは
パンパース < ムーニー < グーン

ちきんどん家では、ロハコ ネット、赤ちゃん本舗(ネット)、赤ちゃん本舗(店舗)で購入していました。

だいたい1枚あたり12.5円~14.0円で購入できます。

 

おむつのポイントは貯めよう

おむつポイントはご存知ですか?周りのママ友でも意外と知らない人が多いです。紙おむつを使うならかなり貯まるのでおむつポイントは切り取って保管しておきましょう。
チキンドン家ではムーニーをよく使ったのでポイントがたくさん貯まり、2歳になる頃には写真のようなおもちゃをポイントでもらえました

おむつが入っているパッケージのどこかにポイントがあるのではさみで切り取って保管します。ポイントで交換できるものはギフト券、図書券、おもちゃ、幼児アイテムなど育児に活用できるアイテムがラインナップされていて、必ずもらえるものと、抽選でもらえるものがあります。各メーカーのホームページで確認しながらポイントを貯めて交換していきましょう!

スポンサーリンク







コメントを残す